suunto ambit3 ナビゲーション機能

suunto ambit3 sportのナビゲーション機能を使ってみました。といっても、試しに使ってみた程度ですが、Movescountを使ってルートを作成し、ウォッチに転送して使ってみるまでを書きたいと思います。

まずはMovescountにアクセスし、ログインします。右上の+マークにカーソルを合わせるとメニューが出てくるので、「ルートの計画」を選択します。

 

 

右上に地名の検索ボックスがあるので任意の場所を検索します。地図は英語表記でしたが、日本語で検索できました。

あとは地図上で起点、終点をクリックしてルートを作成します。作成が終わったら、左側のメニューでスポーツの種類を選び、名前をつけて保存します。この時、’use with my ambit3 sport’にチェックを入れます。

 

 

最後にウォッチをパソコンにつないで、Moveslinkを起動し、Movescountに接続。

実際にナビゲーションを使う時は、ウォッチのSTART STOPボタンからNAVIGATION>Routesと進み作成したルートを選択します。

ナビは下の写真のような形で表示させます。目的地に近づくとビープ音で知らせてくれます。

suunto ambit3 navigation

この日気温は氷点下。あまりにも寒く、ゆっくりテストできなかったので春になったらもう少し使ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

moveの削除方法

suuntoのMovescountでは、様々なスポーツアクティビティを’MOVE’と呼んでいます。

これまで購入したambit3 sportを使用して、ランニングや自転車のインドアトレーニングなどのMOVEを記録することが出来たのですが、この中で、間違って記録したMOVEの削除方法に少し手間取ったので書いてみます。

私はiPhoneユーザーでMovescountは2017年1月17日現在の最新バージョンです。

1 suunto Movescount Appを開きます。

movescount プロフィール画面

 

 

 

 

 

 

 

 

2 下にスクロールすると「すべてのMOVE」が出てきます。

すべてのMOVE画面

 

 

 

 

 

 

 

 

3 削除したいMOVEをタップ。

4 MOVEのページをスクロールしていくと下の方に「削除」のボタンがあります。MOVEを削除しますか?というメッセージボックスが出てくるのではいを選びます。大事な記録を消してしまわないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただこれだけのことなのですが、他のアプリ等でおなじみの「スワイプして削除」ができず、かつ削除のボタンが一番下にあり最初は全く気づかずに私はかなり苦戦してしまいました。

感覚だけで操作するには、少し難しく慣れが必要なようです。

他の操作も勉強中ですが、また次回書いていこうと思います。